考える葦速報

<< PREV | PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【地震】震災想定できず「地震学の敗北」…異例の自己批判 日本地震学会


このエントリーをはてなブックマークに追加



1 :名無しのひみつ 2011/10/12(水) 21:41:17.75 ID:???

震災想定できず「地震学の敗北」 問い直す日本地震学会始まる

東日本大震災以降初めてとなる日本地震学会の秋季大会が12日、静岡市内で始まった。主なテーマは
大震災や東海・東南海・南海地震など巨大地震の解明。最終日の特別シンポジウムでは、大震災を想定
できなかったことについて「地震学の敗北」と異例の自己批判をし、防災に寄与する研究の方向性などを
模索する。15日まで。

大会では、東日本大震災のこれまでの分析などをもとに、マグニチュード(M)9の巨大地震と今回の大津波が
どのように発生したのかなどについて、9つのセッションに分かれ、研究発表が行われる。

最終日の15日は、静岡大学で、特別シンポジウム「地震学の今を問う」を開催。地震学について、「東日本
大震災の発生の可能性を事前に指摘することすらできなかったことは大きな敗北」と位置づけ、「何が
いけなかったのか」などについて議論を呼びかけ、日本の地震予知体制を強く批判している東京大学・ロバート・
ゲラー教授による特別講演「地震科学と災害対策・リセットの時期」なども行われる。

同学会は来春までに議論の成果を提言にまとめることにしており、学会長の平原和朗・京大教授は「次の備えに
向けて、社会にどう貢献できるのか。議論を深めたい」と話している。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111012/dst11101210110007-n1.htm

関連スレ
【原子力】「信頼される専門家集団に」反省、自己批判も 原発事故後初の日本原子力学会
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1316430260/


続きを読む

| 地学 | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。