考える葦速報

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【生物/科学画像】ミクロなモンスター 走査型電子顕微鏡で撮影した昆虫の顔






1 :名無しのひみつ 2011/09/20(火) 21:43:38.39 ID:???
ミクロなモンスター:昆虫の顔をアップで
2011年9月13日

12日(米国時間)に発売される『iPad』アプリ『Mini-Monsters』は、走査型電子顕微鏡で撮影した
昆虫たちの恐ろしくも美しい顔を見せてくれる。

科学画像を提供する英Science Photo Library社が作成したアプリで、3人の研究者たちが協力し、
それぞれが走査型電子顕微鏡(SEM)を使って画像を作成した。SEMでは光学顕微鏡の数百倍の
拡大が可能だ。

http://www.wired.com/images_blogs/wiredscience/2011/09/mini-monsters-ipad-screenshot.jpg(↑に掲載)
このアプリで紹介されている、200種を超えるユニークな虫たちの567枚の画像は、それぞれが
拡大可能で、説明も表示される。

↓昆虫が苦手ではない方だけ続きをご覧ください。



(>>1の続き)

2 Coccinella septempunctata(ナナホシテントウ)の飛翔用の翅[後翅](青色)は、外側の
硬くて赤い翅[翅鞘]に守られている。赤い色は、歩脚の関節から嫌な臭いの液を出すことを
捕食者に知らせる警告だ。


3 Vespa crabro(モンスズメバチ)は頭の両側に複眼を持ち、2本の触覚が左右に突き出している。


5 Dicrocoelium dendriticum(槍形吸虫)が寄生したヤマアリ。この吸虫に寄生されたアリは、
下あごが痙攣し、草の葉に何時間も噛み付いたまま動けなくなる。このアリが付いた草を
ウシなどが食べると、吸虫は新しい宿主の胆のうや胆管を冒していく。


6 血を吸うのはメスの蚊だけだ。


7 Lasius(ケアリ属)のクロアリ(トビイロケアリ)は、旧世界、新世界を問わず、北部の
温帯地域で広範にわたって生息しているが、熱帯にもいる。


9 他のシロアリと同様、Coptotermes nigerも木を餌にしている。


10 オサムシの大きなあごが見える。


11 キンケクチブトゾウムシ(black vine weevil、Otiorhynchus sulcatus)の成虫はすべて
雌であり、無性生殖の形態のひとつである単為生殖で繁殖する。脚には、滑らかな面を歩くために
使う毛の生えた吸盤[「肉盤」「褥盤」]が1組と、凹凸のある面を歩くために使うかぎ爪が1組
付いている。


13 (注意:ハエのアップ)Musca domestica(イエバエ)の頭の大部分を占めているのは、
ふたつの大きな複眼だ。それぞれの複眼は、個眼と呼ばれる約4,000個の画像形成面で構成されている。


14 (注意:ハエのアップ)ふたつの複眼がDrosophila(ショウジョウバエ)の頭の両側に
付いているのが分かる。

[紹介されている画像のうち、以下は「昆虫苦手なら開けるな危険」につき、>>2以降に分けます。
1(クモ)、4(ウジ)、8(クモ)、12(ダニ)]

記事引用元  WIRED.jp
http://wired.jp/2011/09/13/%E3%83%9F%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%81%AA%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%EF%BC%9A%E6%98%86%E8%99%AB%E3%81%AE%E9%A1%94%E3%82%92%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%A7/12/

2 :名無しのひみつ 2011/09/20(火) 21:47:25.90 ID:???
(>>1からの続き)
[残りの画像]


1 ゼブラ・スパイダー Salticus scenicus(Zebra spider)のクローズアップ。8つの眼のうち、
6つが写っている。大きなふたつの眼が前部に、残りの小さな眼は横にある。眼の下にあるのは大きな
鋏角で、先には獲物に噛み付くための歯が付いている。


4 キンバエ種のハエの幼虫、つまり蛆(ウジ)は、治療手段として傷口の消毒に利用されている。
マゴットセラピーと呼ばれ、蛆の唾液に含まれている抗菌物質によって傷口を無菌状態に保つのだ。
[マゴットセラピー用の蛆は、無菌状態で繁殖させて利用する。選択的に腐って死んだ組織のみを
分泌液で溶かして食べ、健常な組織は食害しない。これによって、正確に壊死組織のみが患部から
除去される。また、同時に蛆が分泌する抗菌物質によって殺菌も行われる。2004年に米国のFDA
(食品医薬品局)によって医療用機器として認可され、日本でも自由治療で実施されている]

8 
ハエに忍び寄るハエトリグモの一種「Euophrys」。


12 チリダニ科に属するDermatophagoides pteronyssinus(ヤケヒョウヒダニ)の体の下に付いている
8本の脚のうち6本が見える。チリダニはクモやサソリの仲間だが、肉眼で見ることはできない。
平均的な家庭では、家具やファブリックに何百万匹も生息している。

(ここまで)


スポンサーサイト

| 自然科学 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ashisoku.blog.fc2.com/tb.php/14-71af4f62

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。