考える葦速報

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【生物】世界初「キメラ」猿


1 :名無しのひみつ 2012/01/06(金) 12:07:45.43 ID:???

遺伝的に異なる2種類以上の細胞がモザイク状に入りまじった「キメラ」のアカゲザルを作ることに
米オレゴン健康科学大学が世界で初めて成功した。米科学誌「セル」電子版で5日、発表した。

同大の立花真仁研究員らは、人工授精で作った複数の胚(受精卵)を凝集させたうえで母胎に
戻したところ、健康な子ザル3匹が生まれた。全身が、3~6種類の胚に由来することを確認。
本来、別々に生まれる「兄弟」の遺伝子が混じっていることを意味する。うち1匹は、最大6種の
胚が混合していることから、日本語で「ロク」と命名した。

マウスではすでに、胚性幹細胞(ES細胞)からキメラ個体を作ることは一般的。
黒い毛のマウスと白い毛のマウスを使ってキメラを作ると、子供は白黒のまだらになる。
しかし、サルではこの方法は通用せず、ES細胞より早い段階の「4細胞期」と呼ばれる胚を使う必要があった。

画像


ソース
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120106-OYT1T00277.htm

続きを読む

スポンサーサイト

| 生物 | 16:01 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【物理】「時間の穴」を作りだすことに成功


1 :名無しのひみつ 2012/01/05(木) 20:18:32.86 ID:???

光をコントロールすれば時間は止まる?
Brian Handwerk for National Geographic News
January 5, 2012

 アインシュタインは相対性理論で、強い重力場では時間の流れが遅くなると予言した。そして今回、
アメリカ、コーネル大学の研究チームは時間を完全に止める実験に成功したという。光を曲げて時間の
“穴”を作りだす手法で、少なくとも見かけ上は時間が止まるそうだ。

 この実験は、可視光線を屈折させて物体を見えなくする“透明マント”の研究成果に基づいている。
光が物体に当たらず避けて通った場合、その光は散乱も反射もしないため物体は不可視となる。これが
透明マントの発想だ。

 研究チームは、この概念を応用して時間の“穴”を作り出すことに成功した。ただし約40ピコ秒
(1兆分の40秒)と極めて短い。

「光の速度を上げ下げして時間的な歪みを生じさせれば、時間領域で光線にギャップが生まれる。その
瞬間に起きた事象は光を散乱させず見えないため、起こらなかったも同然になる」と、研究に参加した
コーネル大学の物理学者アレックス・ガエータ(Alex Gaeta)氏は解説する。

▽記事引用元 ナショナルジオグラフィック ニュース
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20120105001&expand#title

▽画像 白色光をさまざまな色に分光するレンズと同じように、「時間レンズ」は時間の領域で光を
 各種要素に分解する


▽「Nature」掲載論文 "Optical physics: How to hide in time"(プレビューのみ)
 http://www.nature.com/nature/journal/v481/n7379/full/481035a.html
 関連論文 "Demonstration of temporal cloaking"(要旨)
 http://www.nature.com/nature/journal/v481/n7379/full/nature10695.html

続きを読む

| 物理 | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【感染症】「ゆりかもめ」が恩を仇で返す


1 :名無しのひみつ 2011/12/18(日) 07:05:32.04 ID:???

鳥の死骸からH5型インフルウイルス、中学校が休校 香港

【12月17日 AFP】香港(Hong Kong)・新界(New Territories)の中学校で死んだ鳥の
死骸から、致死率の高いH5型の鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が確認され、この
学校は16日、休校の措置が取られた。

 保健当局によると、中学校の事務員の女性(48)が13日、校内で病気のユリカモメを
拾った。香港ではこの時期ユリカモメがよく見られる。このユリカモメは翌日死んだため検査
したところ、死骸からH5型の陽性反応が出た。

 この女性はこのユリカモメに素手で触っていた。その後、発熱、のどの痛み、下痢などの
症状を訴えたが、検査ではH5型の陽性反応は出なかった。中学校は消毒作業のため
閉鎖され、再開時期を決めずに休校とされた。保健当局では女性の他にもこの鳥と接触
した人がいないか追跡している。

 香港では1997年、通常は鳥同士の間でしか感染しない鳥インフルエンザに人間が感染
して6人が死亡した。この時は数百万羽の鳥が殺処分された。

AFP 2011年12月17日 18:10 発信地:香港/中国
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2846361/8209162

続きを読む

| 医学 | 14:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【植物】トウガラシの辛みは水分で決まる


1 :名無しのひみつ 2011/12/23(金) 14:07:26.99 ID:???

トウガラシ、辛いか辛くないかの決め手は水分

 【12月22日 AFP】野生のトウガラシで、辛い実を付ける株と付けない株がある謎を解く鍵は水分にあったという研究結果が、
21日の学術専門誌「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」に発表された。

 トウガラシに含まれる辛味成分カプサイシノイドは、トウガラシの「天敵」といえる菌類フサリウムから実を守るためにトウガラシが発散しているものだ。
フサリウムは水分を好む。

 米インディアナ大(Indiana University)のデービッド・ハーク(David Haak)氏率いる研究チームは、南米原産の野生トウガラシ「カプシカム・チャコエンセ」
のカプサイシノイドのレベルを、ボリビアの300キロのルートに沿って調査した。

 調査ルート北東部のより乾燥した地域では、辛い実を付けるトウガラシは全体の15~20%に過ぎなかった。ところがルート南西部のより湿度の高い地域へ行くにつれ、
辛い実を付ける割合が増え、最終的には100%のトウガラシが辛い実となった。

 実は、辛い実を付けるトウガラシは進化生物学上の犠牲を払っている。身を滅ぼす菌を寄せ付けない代わりに、マイルドな実を付ける株の半分程度しか実らないのだ。
トウガラシに関しては、乾燥地に育つ辛くない実の株の方が子孫を残すチャンスが多いといえる。
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2847106/8223902

続きを読む

| 生物 | 14:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【天文】捉えた!巨大恒星誕生の瞬間


1 :名無しのひみつ 2011/12/31(土) 14:28:41.51 ID:???

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた、巨大な星の誕生


PHOTO BY NASA AND ESA 

http://www.spacetelescope.org/videos/heic1118a/
VIDEO BY NASA

アメリカ航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡が、新たに生まれつつある
星を発見した。

S106IRという名のこの星の大きさは太陽の約15倍で、はくちょう座と同じく約
2,000光年彼方に存在する。大量のガス雲と塵で形成され、その量は太陽の
2万5,000倍以上。この星はいままさに成熟期を迎え、天文学者が言うところの
主系列星になりつつある。いずれは太陽のように絶えず輝き続ける星になるだろう。

もっとも、現段階のS106IRは紫外線を大量に放出し、周囲のガス雲を華氏
1万8,000度以上の高温状態にさせているところだ。水素ガスが青く光っている
のはこのため。中央に見える赤い色の“道”は温度が比較的低い塵が集まって
できたもので、ところどころ見えにくくなっている。が、その下の部分が輝いている
ことが分かるだろう。

誕生してまもない星は大量のエネルギーや塵を放出するのが通例で、S106IRも
画像で分かるように、その両側が巨大なチョウの羽のように突き出ている。S106IR
は今回のプロセスを経たあと、水素とヘリウムの反応が進むにつれ約100万年
以内に青く輝く星となるだろう。

S106IRは誕生も劇的だったが、最終的にはもっと大きな爆発が起きて終わりを
迎えることになると思われる。銀河に輝く超新星となって。

TEXT BY ADAM MANN TRANSLATION BY GMOスピード翻訳/鈴木真一

WIRED日本語版 2011年12月25日
http://wired.jp/2011/12/25/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%83%96%E3%83%AB%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%9C%9B%E9%81%A0%E9%8F%A1%E3%81%8C%E6%8D%89%E3%81%88%E3%81%9F%E3%80%81%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E3%81%AA%E6%98%9F%E3%81%AE%E8%AA%95%E7%94%9F/

続きを読む

| 宇宙 | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。